Daily Archives: 2013年8月29日

DVDのリージョンコード

DVDビデオには、NTSCとPALの区別のほかに、DVD特有のリージョンコードというシステムがあります。 市販されているDVDプレイヤー (パソコンのDVDドライブも含む) とDVDソフトには、販売地域によって決められたコードがついています。プレイヤーとディスクのコードが一致しないと再生することができません。

DVDビデオのリージョンコード
0     無制限 (ALL)
1     北米
2     日本、ヨーロッパ、中近東、南アフリカ
3     韓国、台湾、香港・マカオ、東南アジア
4     オセアニア、中南米
5     旧ソ連邦諸国、南アジア、アフリカ
6     中国
7     未使用
8     航空機、客船など

リージョン0というのは、DVDソフト側につけられるもので、通常”ALL”と表記され、プレイヤーのリージョンに無関係に再生可能であることを意味します。

リージョンコードの問題以外にも、NTSCとPALの違いがあります。たとえば日本とヨーロッパはともにリージョン2ですが、ヨーロッパで売られているDVDはPALなので、NTSCにしか対応していない日本のプレイヤーでは再生することができません。

リージョンの異なるDVDを再生する方法としては、いわゆるリージョンフリーのプレイヤーを使う方法と、パソコンで再生する方法があります。

最近は日本でもリージョンフリーのDVDプレイヤーを数千円程度から入手するこができます。ただし、リージョンフリーであっても、NTSC専用のプレイヤーの場合はPALのDVDを再生することはできません。

パソコンの場合は、DVD再生ソフトを通してDVDドライブのリージョンを変更します。変更は一般に5回まで可能で、それ以降は変更できなくなります。パソコンでは、NTSC/PALどちらのDVDでも再生できるというメリットもあります。DVD-ROMなど、DVDビデオ以外のDVD媒体にはリージョンコードは存在しません。

●弊社DVDオーサリングサービスの詳細は、下記サイトをご覧ください。
http://www.phase.co.jp/press/authoring.html