NTSCのタイムコードについて

ビデオ編集時にタイムコードは、非常に重要です。
DVDのオーサリング時にも、チャプターポイントの設定等で、タイムコードは大変重要な事項です。

タイムコードは、「時:分:秒:フレーム(HH:MM:SS:FF)」という表示になっています。
NTSC方式のタイムコードには、ドロップフレームとノンドロップフレームという2つの方式があります。
NTSC方式は一秒間に29.97フレームの映像が表示されています。
しかし、タイムコード上は近似的に30フレームを1秒とカウントしているので、1秒=30フレームあたり0.03フレームの誤差=0.1%の誤差が生じてしまいます。
これを1時間に換算すると、3600秒×30フレーム×0.1%=108フレームになります。

つまり、1時間あたり108フレームの誤差が生じることになります。
タイムコードを現実の時間経過にあわせるためには、1時間あたり108フレーム(約3.6秒)を、
タイムコードから取り除く必要があります。これが、ドロップフレームです。
ドロップフレームでは、「0、10、20、30、40、50分を除いて、
毎分最初の2フレームを飛ばす」ことで、実時間経過との差異を補正しています。

一方、常に30フレームを「1秒」と考え、
実時間の経過との差異(1時間あたり108フレーム~約3.6秒)を無視する方式が、ノンドロップフレームです。
ちなみにDVDの標準規格は、NDF( ノンドロップフレーム)です。
編集時にドロップ/ノンドロップの対応を正しく行わないと、映像・音声の尺や同期がずれてしまう恐れがあるので注意が必要です。

DVDのタイムコードの標準規格は、ノンドロップフレームとなりますので、
チャプターポイントは、ノンドロップのタイムコードでご指示いただく必要があります。

PALのタイムコード(PAL/SECAM方式のEBUタイムコード)は、フィールド周波数(50Hz)と実時間の誤差がないため、ノンドロップフレーム(NDF)モードしかありません。

●弊社DVDオーサリングサービスの詳細は、下記サイトをご覧ください。
http://www.phase.co.jp/press/authoring.html